« 2010年9月 | トップページ | 2011年2月 »

2010年10月

2010年10月18日 (月)

第14回しょうじゅう!杯 滋賀大会 学年別体重別大会

滋賀県は大津市まで『第14回しょうじゅう!杯 滋賀大会 学年別体重別大会」参加して参りました。

引率されました先生方、保護者の皆さん、お疲れ様でした!

開催のご準備をされました関係者の皆様、大変お疲れ様でした。そして、貴重な経験を我が息子にさせて頂きました事を重ねて御礼申し上げます。有難うございました。

久々の滋賀県立武道館、恐怖の立駐も今日の我が黒ステは車検仕様で安心。。。(^▽^ナゾ

ノンは午後からの学年別体重別大会の5・6年生41㎏超級に参加。

本来、中・軽量 現在47㎏のノンにはヒジョ~~~に厳しい階級。。。

しっかりその洗礼を受けて、重い気分でこのブログを書いてます (ρ_;)

今日のテーマは重量級に対して、自分の出来る事・考えられる動きをできるか。

どう試合を組み立てていけば内容を残せるか。。。と、前日にノンと話してきました。

勿論、それまでも練習でも、その事を中心に、先週の日整全国大会での反省も踏まえて遣ってきた事と思います。

がっ。。。。

やっぱり、厳しかったです。

どうしても力に対して力で受けてしまう悪い癖。。今日も出ましたね。

結果は奈良の強豪 D館のN君に動きを封じられ潰されて、押さえ込まれて、20秒で抜け出せましたが有効。。そのまま試合終了。。。結果3位  _| ̄|○ ガク      

戻ってから、じっくりノンとお話。

このままで良いのか?

小さいからって、デカイ相手に負けっぱなしで良いのか?

練習で遣ってた事、試そうと思ってた動きを出だせないままで良いのか?

このまま、小学校を終えて良いのか?

何度も繰り返してきた負け方。。。そのたんびに同じことの繰り返し。。。

我が息子よ。。

いい加減気づけよ。。

軽量級の君が重量級のようにガッツリ組み合って力で行っても、ホントにデカイ重量級には敵わない!

って事を。。。。

自分の良さは何か。重量級に対して勝ってる部分をどう使って勝負掛けるか。。。

って事を。。。。

| | コメント (0)

2010年10月16日 (土)

第19回日整全国少年柔道大会。。。を終えて。。。

先週の日曜と体育の日の連休、ノン&康っさん夫婦は日整全国大会に行ってきました。

お陰さまで、ノン2年連続での講道館。

今年は、嫁様の両親も一緒に行った為、福井県選手団とは違う御茶ノ水のホテル、ノンは皆と一緒の上野の常宿と分かれてての行動。

ノンはおそらく楽しんだのであろうとww(なんせ、北信越合宿、札幌での全小と同じメンバーなので楽しみにしてたっぽくw)

我々は早々に宿入りし、お母さんの希望で嫁様とワタシと3人で辺りをうろうろ・・・ちょっと禁断の地に足を向けてみました。。。次男ユウ君憧れのAKB。。。やっぱり賑やか通り越してすごいモンです。

学生時代に東京で数年過ごしましたが、すっかり様変わりしてましたね・・・オジサン・オバサンにはついていけない街になってました(^^;

駅近くの居酒屋で夕食をすまし、久々にほろ酔い気分でオヤスミ。。。

翌日は、いざ講道館へ!

ホテルで朝食とってる際、柔道小僧達がチラホラ。。。福井県チームとは上手くいけば二回戦で当たる高知県チームの子達でした。

しかし・・・みんなデカイ! 

特に一人、ゴツくて強そうなオーラが出てる子がいて「多分、大将やな」と思ってました。

ちょっと早めに講道館につきましたが、前では既に多くの関係者・応援団がいて中に入るのも一苦労(汗

入り口で和歌山県代表のM道場のM監督が居られましたので、覚えていないだろうと思いつつご挨拶させていただきました(最初は誰?って顔されましたが自己紹介させて頂いたら何気に覚えていただいてたような感じで。。突然で失礼いたしました)

いよいよ開会式。。。

福井県チームも堂々と講道館の大道場を行進!

全県揃った所での第一印象。。。

福井県小っさーーーーーー!

周りデッカーーー!!

特に副将ノン。。。パンフのチーム紹介見て、開会式で他の子と比べて、47都道府県48チーム中、恐らくトップクラスでしょう。。。小ささが(・・;

副将・大将辺りは大人と変わらんぐらいの大きさの子がゴロゴロ。。。ランドセルが似合わんやろうなぁ~とwww

で、内容&結果ですが。。

一回戦、沖縄県  ××○○○ 3-0で福井県チーム勝ち(^O^v

ノンは副将で、相手はパンフ上では147-58(見た目推測 150-65ぐらい おそらくこれの方が正しいかと)

ふた周りぐらいデカイ相手でしたが、最初こそ緊張からチョト動きが鈍かったけど、途中からドウシタコトカ、自分のペース作れたっぽく。終了間際に相手が焦って上から組みかかった所を上手く担いで背負い、重さで崩れたけど其のまま押し込み有効!

チカラに対してチカラで返すってノンの悪いトコが出ず、流れに逆らわない珍しく良い動きでした。

勢い乗って二回戦、朝見た高知県  ××○△× (代表戦 △)

残念ながら二回戦敗退(T_T

朝見た強いオーラ出てた子、なんと副将。。。やっぱり強い。

ノン組み手も上手く裁かれ小外で有効とられ、そのあと、先に組み手取りに行こうとしたトコ裁かれ内股で一本負け(>o<

あれだけ綺麗に飛んだのは久々に見ました。

いつもなら雷モノ! なのですが、今回は不思議と、泣きながら観客席に上がってきたノン見て「お疲れさん・・・相手、段違いに強かったな。。。」と。。

何もさせて貰えなかったけど、ノンなりに何とかしようとした時に、相手のほうが数段上手。

グゥの音も出ないほど、圧倒的な、スッキリとした負けっぷりで。。。福井県チームの皆&監督・コーチの先生方、応援の保護者の皆さんには本当に申し訳なかったですが、ノンにとっては本当に良い勉強になった試合でした。

戻ってから調べて見るに・・・高知県の副将の子、やっぱり強いはず。ネットで検索してみると素晴らしい戦績が出るわ出るわ。去年の西日本個人2位? 今年の春の全少個人3位? 他にもゴロゴロと。。。こりゃ勝てる訳ないわ。。敵ながら惚れ惚れするような柔道でした(@_@;

北信越練成大会、夏の全小札幌大会、日整全国大会・・・大きな大会に出させて頂き、北信越では優勝頂けましたが、他の全国大会では残念ながら思うような結果が出せずに残念ではありましたけど、2年連続で経験出来たことはノンにとって非常に良かったと思います。

全国のステージでの良い眺めは中学生に残して置いて・・・と。

ノンも今回は落ち込まずサバサバした感じで、この後続く大会に向けて闘志満々っぽく。

今年やり残した事、リベンジ(^^に向けてガツガツ練習してる様子です。

早速、今週末の大津で行われる「しょうじゅう杯!」。41kg超級となんとも「?」って思う階級で重量級に囲まれての試合ですが・・・・

獲ってこい!  ノン!

| | コメント (0)

2010年10月10日 (日)

講道館。。。

柔道素人の康親父としては、子供達を通して柔道に関わりを持つまでは、この場所がどれ程の物なのか全く「ピン!」とこなかった。

この場所で、柔道の試合するって事は、すごい事なんだ・・・って事を、ノンのお陰で昨年初めて味あわせてもらった。

何気に・・・「聖地」的な位置になるのか。。と改めて思ってるしだい。

ノンのお陰で、今年もまた味あわせて貰えそうです。

その、厳かな気分に。。。

明日(すでに今日ですがw)から、その「講道館」で開催される 日整全国大会に去年に引き続き、「福井県チーム」の副将として、ノンが小学生柔道の集大成として戦ってきます。

8月の学年別全国大会では不完全燃焼で終わってしまって、彼なりに激しく落ち込み・・そして思うことがあったみたく。。。それ以降、この日を目標に、彼なりに出来る事、考えれることは全てやってきたと思います。

ノンには、「講道館での柔道を思いっきり楽しんで来い!」とだけ言いました。

親父としては、まだまだ力不足・練習不足なトコは大いに見受けられますが、今出来ること、今出せる力を全て出し切って欲しいと思ってます・・・いや出せると思ってます。

そして、一番大事な「何か」を掴んできて欲しいと思ってます。

とりあえず・・・・親父としては、8月の学年別全国大会出発前夜と比べて、何故か、妙に不安も、焦りもない・・・・不思議と落ち着いた、楽しみな気分の出発前夜を迎えています。

ノンも、今夜は、妙に落ち着いた、そして久々に自信に満ちた顔して、眠りにつきました。

なんででしょうね (◎´∀`)ノ

なんか、楽しみであり、頼もしくあり。。。そして、小学生としての全国大会も最後なんだな~という物悲しさあり。。。

とりあえず・・・

行ってきます。。

結果は、戻ってからにでも。。余裕があればデスガ ( ´,_ゝ`)ハイハイ

| | コメント (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2011年2月 »